学校の職員になる情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校に不要なものと常識

新着情報

学校に持っていく必要のないもの

各学校において、抜き打ちに生徒の持ち物検査を行うことがあります。あるいは事前に告知をしておくところもあります。もちろん生徒側は反発しますし、プライバシーの侵害だと昨今では言われるケースもあり賛否両論あるでしょう。しかし、私物を持ち込み授業を聞かないのであれば没収して当然であり、学校側はルール違反に当たることを指導しなくてはいけません。持ち物検査に異議を唱えるのであれば、生徒手帳に書いてある校則を今一度、生徒達に読ませてルールがあることを認識させなければいけないのですが、今の教育現場では自主性に任せられてます。

学生の持ち物検査の問題点

今や学生のほとんどが所持している携帯電話ですが、学校への持込を許可しているところはまだ少ないようです。授業中のメールやテスト中のカンニングに繋がるなど、教育の妨げになるからです。また、多額のお金を持っていくと盗まれたり恐喝にあったりとさまざまな問題を引き起こします。そのため学校では持ち物検査を行い、不必要なものを生徒から没収するなど対策が取られています。しかし、現在ではプライバシーの侵害にも当たると親などに言われるため、なかなか持ち物検査もしづらくなっています。持ってきてはいけないものを持たせないという親の意識の改善も必要です。