近年の建設関係の求人の傾向とコツを見極めよう

住宅の簡単なリフォームや大型施設、道路の建設等、生活や経済にも多大な影響を与えているのが建設業です。建設関係の求人を探す際には、自分の得意分野をはっきりさせておく必要があります。建設業といって仕事内容は多岐に渡ります。建設一式工事、土木一式工事、土木大工、左官工事、とび、電気工事、鉄筋工事、塗装工事、造園工事等があります。現場での作業のみならず、設計をしたり、施工計画を立てたり、コスト管理といった、デスクワークもあります。専門的な技術や知識が必要となり、仕事内容によって、資格が多数存在します。一級建築士や一級電気施工管理技士等です。興味のある、未経験の分野で実務経験を積みながら、必要な資格の取得を目指すのも良いですし、現在、取得している資格をフルに活用出来る職種を選択し、効率よく求人情報を探してしくことが、お仕事を見つける近道です。

近年の求人の傾向と今後の予想を考えます

2020年に向けて一時的に施工管理の求人の増加が見込めます。東京オリンピックに向け、各競技の会場の建設や増設、改築が行われています。建設中の物件を完成させる為に、現場寄りの求人が増えています。また、既存物件の修繕や改修にニーズが高まっているため、設備系の工事関連の求人も増加しています。高度成長期のインフラ設備の老朽化対応も必要となっており、大規模補修が行われます。その為、大規模な補修や修繕、点検管理が必要となり、関連の求人は増加していきます。求人は増えていますが、建設業界全体として、人材不足の問題を抱えています。そのような中、報酬は増加傾向にあり、他の業種に比べても高水準です。未経験者の求人も増えているため、違う分野への転職等を考えている人も好条件と言えます。

建設の求人に特化したサイトを活用します。

現在人材不足の中、求人が増えている建設業界ですが、建設業に特化した求人サイトが複数存在します。職種や勤務地等から求人を検索できる為、大変便利です。その際には、自分の得意分野や興味のある分野を具体的に決めておく必要があります。将来的に取得したい資格がある場合、実務経験の必要な資格も有りますので、しっかりと計画を立て、求人を検索していくとよいです。また、ハローワーク等でも多くの求人を見つけることができますので、自分の納得のいくところを見つけるのも難しくないと思います。公共工事も活発化しており、今後も大きくなると予想されています。また、現場作業者の高齢化も問題となっており、団塊世代の定年を考えると、ますますの人出不足が起きます。好条件での採用を狙えるチャンスでもあるので、じっくり求人を探していくとよいです。